オーガニックコスメと普通の化粧品は何が違うの?

”オーガニック”と聞くと、健康、安心、体にいい、などのイメージがあると思います。
事実、オーガニックとは”有機”のことを指しており、有機栽培というのは3年以上農薬や化学肥料を使っていない土で作られたもののことを指します。
このことからオーガニックコスメとは”化学肥料や農薬などを使用していない化粧品”を言います。

 
では、普通の化粧品とオーガニックコスメとの違いは何でしょう?

 

まず、普通の化粧品は一番わかりやすい所でいうと買いやすい価格設定にしてあることです。
これらは大量生産のため、保存料や着色料などの化学成分が入っており、ある程度の期間を保たせなくてはいけないために多くの化学成分が入っています。
そして、多くの人が使いやすいように、また簡単に使えるように、クレンジングならすぐにさっと落とせるように界面活性剤が配合されています。
それは、汚れだけでなく、必要な成分(例えば皮脂)も落としてしまうぐらい強い成分が入っています。

 
それに比べてオーガニックコスメというのは前述したとおり、化学成分が入っていない化粧品ですので、肌への刺激が少ないのです。
効果は即効で効く、というわけではないのですが、時間をかけてゆっくりと肌に浸透していくので、肌への負担が少ないし、人間本来の力に働きかけるので、時間はかかりますが
肌に優しい化粧品です。つまり、毎日使っても刺激が少ないため肌本来が持つ成分を保ちながら補てんすることができます。
ですが、保存料が含まれていないので、使用期限が普通化粧品に比べて短くなります。
また、オーガニックコスメは天然自体が自分の肌にあわないこともあるので、裏の成分表で何に由来した天然成分なのかを良く見極めて選ぶ必要があります。

おすすめのオーガニックコスメについてはこちら

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ